Excel(エクセル)基本その1:セルについて 第三話

2017/10/09

元PCインストラクターが教えるExcel(エクセル)のお話

 

最初のお話 をしたと聞き『□のマス=セルだらけ』だからExcel(エクセル)っと言うお話をしました^^

そう、Excel(エクセル)は□セルで始まり□セルで終わるって言っても間違い無い位

□セルの理解が大切です。

 

ではでは説明しますね♪

□□□□□

□□□□□

□□□□□

□□□□□

Excel(エクセル)に□セルはこんな感じで沢山有ります。

でイメージは団地をイメージすると分かりやすいです。

だけどこのままだと、ドコがドコだが分からないので、

 

1 2 3 4 5

A□□□□□

B□□□□□

C□□□□□

D□□□□□

E□□□□□

 

こんな感じに

左上から右→に1からの整数

左上から下↓にアルファベットが書かれてます。

 

そして、一番左上の□セル、場所をクリックすると、

1 2 3 4 5

A□□□□

B□□□□□

C□□□□□

D□□□□□

E□□□□□

 

その箇所の周りの『線が太く』なり、

左上の方の箇所が『アルファベットと整数』の箇所が

『A1』と表示されます。

 

この表示されてるのが

□セルの番地です。

今回は『A1』の□セルを選択してる事になります。

これが無いと、どのセルを選んでるか分からなくなるから

とっても重要なんですよ^^

ので、ここでExcel(エクセル)の10%は覚えました。

っと生徒さんに伝えてます。

 

ちなみに、画像は□セル『B2』をクリックした状況です。

 

こんな感じで表示されま。

Excel(エクセル)には□セルが有って

□セルには全て番地が有る事を覚えといて下さいね。

 

ちなみに、普段は番地とか言わずに

B5のセルをクリックしてとか、

B5のセルを選んでとか言います。

 

 

最近の投稿