Excel(エクセル)基礎その5:操作方法 第七話

2017/10/12

元PCインストラクターが教えるExcel(エクセル)のお話

 

 

 

 

①【上書き保存】:作成したブックを上書き保存します。

②【元に戻す】:クリックするたびに、1つ前の操作に戻ります。

③【やり直し】:②【元に戻す】をクリックしすぎたときにクリックすると、1つ先の状態になります。

 

 

そして、ここでポイントがExcel(エクセル)は

ファイルの事をBook(ブック)と呼びます。

ので初期の状態だと④の様『Book1』と表示されます。

が、Excel(エクセル)の本とか読むと『Book(ブック)』とか書いて有る場合が多いのですが、

ファイルの事です(笑)

普段の会話でBook(ブック)を開いてとは言わないです。

普通にエクセルの〇〇〇に開いてとか、言います。

あくまでも、エクセルのファイルはBook(ブック)って言うんだ。

って頭の片隅に入れとけば大丈夫です。

もっとも忘れたとしても問題無いレベルなんですけどね。

 

 

⑤Sheet(シート)になります。

イメージ的には

ファイル=Book(ブック)で『本』で

Sheet(シート)は一枚の紙(ページ)ってイメージだと分かりやすいかも知れません。

ちなみにSheet(シート)は『名前の変更『も『増やす』事も可能です。

 

②【元に戻す】:クリックするたびに、1つ前の操作に戻ります。

③【やり直し】:②【元に戻す】をクリックしすぎたときにクリックすると、1つ先の状態になります。

では、この二つの説明しますね。

 

例えば…

□セル:A1に

【1】文字を入力→【2】文字に色を付ける→【3】文字の大きさを変える→【4】『太字』にする

と言う作業をしました。

この状態で【元に戻す】を一度クリックすると

『太字』が解除されて【3】の状態に戻ります。

また【元に戻す】を一度クリックすると

文字の大きさを変える前【2】の状態になります。

そして【やり直し】を一度クリックすると

文字の大きさを変えた【3】の状態に進みます。

更に【やり直し】を一度クリックすると【4】の状態に進みます。

 

【元に戻す】をクリックする度に

【4】→【3】→【2】→【1】の状態に戻ります。

【やり直し】をクリックする度に

【1】→【2】→【3】→【4】と進んで行きますので

【元に戻す】を押して、押し過ぎたら、

【やり直し】を押す感じです。

 

ちなみに

『ショットカットキー』と言うのが有りまして、

カーソルを操作して【元に戻す】なんて面倒だって方には

「Ctrl」キー+「Z」キー を押すと【元に戻す】と同じ操作になります。

そして↑上の ??キー+??キー を押すと言うのが

色々な本を読むと書いて有るのですが、

これを読むと同時にキーを押すのかな?って思いがちなのですが、

ほとんどが左に表示されてるキーを押しながら、右に表示されてるキーを押す感じで

問題無く操作しますよ^^

 

「Ctrl」キー+「Z」キーの場合だと

「Ctrl」キーを押したまま「Z」キーを押すって事ね。

意外と皆知らないのでポイントかもですよ。

 

 

【ショットカットキー】

【元に戻す】:「Ctrl」キー+「Z」キー

【やり直し】:「Ctrl」キー+「Y」キー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の投稿