Excel(エクセル)基礎その11:セルの列の変更 第13話

2017/10/18

元PCインストラクターが教えるパソコンやExcel(エクセル)のお話

 

前回、は行の高さの変更、行の非表示をお話しました。

今回はセルの列の事をお話しますね。

列は横で有り、幅になります。

 

では例えば左から3番目の列の幅を変更したい時

エクセルの画面の左からA・B・C・D・・・と書かれてる箇所が有ります。

今回は3番目の列なので、Cの上にカーソルをもって行き

右クリックをすると、右側

 

上記の様に表示されます。

①行の幅

②非表示

③再表示

今回はこの①から③について話しますね。

①行の幅をクリックすると

列幅:現在の幅の数字 が表示されるので、そこに数字を変更してしてOKをクリックすると

幅が変更されます。

この数字の単位は『ポイント』と言いまして、

1ポイントが0.3528mm位です。

つまり、なにそれって感じなので(笑)

管理人的には参考になりません(笑)

列幅が今、いつくになってるか確認する位です。

 

ので、別の方法で列幅を変える方法を教えます。

エクセルの画面の左からA・B・C・D・・・と書かれてる箇所が有ります。

CとDの真ん中カーソルを移動すると

カーソルの形が変わります。( ←|→ )こんな感じです)

その状態でマウスの左を押したまま『右や左』に動かすと列幅が変わります。

入力してる文字を見ながら列幅が変更出来るので便利です。

 

②非表示は、文字通り その選択した列が『非表示』見えなくなります。

4番目のD列を選択して、右クリックして非表示にをクリックするとD列が見えなくなります。

※見えなくなるだけなので、データは消えません。

 

そして、D列再表示するには、

C列とE列を選択して、右クリックして表示をクリックするとD列が見えなくなります。

 

②非表示③再表示セットで使う感じになります(#^^#)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の投稿